会社概要

HISTORY

2009年3月20日
北京漫聯創意科技有限公司を設立

2009-2013年
『動漫童人館』チェーン店を北京、南京、常州、泰州などで開業。
オリジナルアニメ『捜救英雄』、漫画国学シリーズ『漫画易経』、『キングアーサー光の戦衣』など自社IP、27タイトルを保有

2014年4月
四川少児出版社と共同でアニメ『チベット英雄人物』シリーズを開発。
戦略パートナーとして多奇国際と提携し、テーマパーク『デジタル動物園』を開発。中国大陸部をはじめ、香港、台湾、欧米で最強のテーマパーク開発チームとなる。

同年12月21日
世界最大の中国語検索エンジン百度に、「百度アニメ・マンガIP取引プラットフォーム」を正式リリース、独占運営会社となる。
2015年末までで、同プラットフォームが授権できるIP数が7000超に達する。

2015年1月
華族星文化メディア(北京)有限公司(チャイナスター)を設立。
主な業務は「百度アニメ・マンガ版権取引プラットフォーム」の運営とゲームIP開発。

同年2月
日本のIPビジネス窓口および米中創意協会のアメリカでの独占的な窓口を設立。日本とアメリカのIP資源を導入し、中国著作権保護センターの戦略提携パートナーとなる。

同年3月
日本TBSテレビアニメ『レーカン!』の中国での総代理権を獲得。

同年5月
1500万人民元(約3億円)のエンジェル投資を完了。

同年7月
広州蚊子動漫有限公司の株を20%取得。

同年8月
日本TBSテレビアニメ『Fate/stay night』、バンダイVisualアニメ『Gangsta』の中国での総代理権を獲得。

同年9月
杭州帕洋文化創意有限公司の株を30%取得、漫聯ループ傘下として、関連グッズライセンス許諾に関する重要なECプラットフォームとなる。
中国で開催される世界漫画大会を主催する権限を獲得。

同年9月1日
北京動漫城の幕開けでアニメ漫画の道がスタート

同年10月
漫星(上海)文化伝播有限公司(アニスター)を設立。主な業務はネットドラマの制作、ミュージカルの上演、展示活動など。

2016年1月27日
株式会社Aniany Japanを設立。

GROUP PROFILE

北京漫聯創意科技有限公司
アニアニグループの基幹企業として、オリジナルIP研究開発部、IP投資部、国際交流部を設置し、オリジナルアニメ・マンガの開発と投資を全面的に担当。
主な業務は国産アニメプロジェクトに関わる企画運営と買収、世界漫画大会の開催。国内外におけるトップクラスのアニメ・マンガ・アーティストと長期的に安定したパートナーシップを築いている。
アニアニグループは海外企業と提携関係を結び、IPの研究開発のために2つの基金を設置している。

華族星文化伝媒(北京)有限公司(チャイナスター)
アニアニグループのIP資産導入、運営及びライセンス許諾業務を全面的に担当。百度アニメ漫画版権プラットフォーム(http://ani.baidu.com)を独占的に運営。これまで日本、韓国、欧米、そして中国国内での7000以上のIP導入に成功。同時に、運用するアニメ・マンガのマーチャンダイジングを行う。

漫星(上海)文化伝媒有限公司
エンターテインメントコンテンツ産業におけるメディアサービスを提供する企業。中心となるIPを獲得し、企画立案、申請手続、コラボ制作、運営方式等を決定し、大型IPを元にしたゲーム、ドラマ・映画改編の運営、及びコンサート、アニメ・マンガ関連のタレントエージェンシープロジェクトの開発と実質的運営を担当。
漫星ブランドのAni Girlは、その二次元アニメ・マンガタレント養成ゲームによって、中国のバラエティ番組やオーディション活動の定型を変えたと業界から熱い注目を浴びている。

ANIANY JAPAN

会社名 株式会社Aniany Japan
所在地 東京都豊島区西池袋5-17-12 創業新幹線ビル5F
連絡先 TEL:03-6912-6891 FAX:03-3980-6631
E-mail info@aniany.jp
事業内容 1 アニメーション番組企画・販売事業
2 アニメーション制作
3 IP(アニメ、マンガ、その他版権)ライセンス取得、代理
4 オンラインゲームの制作・運営
5 ゲーム用ソフトウェア制作・販売
6 受託開発ソフトウェア業
7 テレビ番組及びキャラクターの企画・開発・制作・国際販売
8 アパレル製品の企画、デザイン、製造、販売及びコンサルタント業務
9 輸出入貿易業
10 インターネット付随サービス業
11 スマートフォンアプリの企画・開発・運営・配信